HOME>オススメ情報>トラックを中心に船や航空機なども使用する
作業員

食品の状態を維持できる

冷凍輸送は、主に食品を運搬する目的で使用されることが多いです。食品の中には水分を多量に含んでいるものが多く、常温だとその水分を元にして様々な菌や微生物が発生する可能性が高いです。特に魚介類は水分が多い上に大量の酵素や微生物が中にいるため、数時間程度の常温輸送でも傷んでしまいます。けれど、魚介類は水揚げされた場所から、遠く離れたところで使用されることも当然あります。そこで活用できるのが冷凍輸送で、0度以下の環境を維持しながら運搬することで、食品に含まれる水分を凍結させます。さらに、菌や微生物には0度以下で動きがほとんどなくなるものが多いです。そのため、食品の鮮度を維持しながら、遠く離れた場所へと運搬できるわけです。

基本的にはトラック

冷凍輸送では、基本的に専用の設備が搭載された冷凍車というトラックを使用します。その冷凍車にはエンジンのエネルギーを副次的に利用して、荷台部分を0度以下に保つ機能が備わっています。冷凍車にはいくつかの種類があり、それぞれ対応できる温度の幅が異なります。中にはマイナス40度程度という、温度が非常に低い環境を維持できるものもあります。陸上輸送の場合はトラックを使用しますが、離島や海外などとやり取りをするのであれば、同様の機能が備わった船や航空機も用います。

必要に応じてサービスを選ぶ

冷凍輸送サービスは、冷凍を専門的に取り扱っているところと、多種多様な輸送プランの中に冷凍プランを用意しているところの2通りに分かれます。とりあえず0度以下の環境で輸送できるのであれば問題ない場合は、そのどちらを選択しても良いです。コストや利用のしやすさなど、重視するポイントに合わせて選ぶと良いでしょう。ただ、細かな温度調整が必要な時には、冷凍専門のところを選んだ方が無難です。用意しているトラックのバリエーションが豊富で、幅広いニーズに応えられる可能性が高いからです。

内部1テキストリンク1

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-1

内部1テキストリンク2

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-2

内部1テキストリンク3

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-3

内部1テキストリンク4

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-4

内部1テキストリンク5

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-5

広告募集中